大都会から小さな海辺の暮らしへ

モノを大事にする≒自分を大事にする

4月はじめ、毎週土日朝から田んぼへ出かけて行った父ちゃん。

冬の間、眠っていた土を起こしに行っていた。

 

嫁入りする前にも1度手伝わせてもらったことがあるけど、

ハードすぎて腰が痛くなった記憶しかない。

 

田植え=ツライという方程式が頭の中で出来上がっていた。

コロナで大変な中、ありがたいことにお仕事も忙しくて、

休日はぐーーーーたらしたいな~って。

 

田植えの日。

ピカピカの長靴を履いて、作業着も着て、体がシャキッとしないまま、

田んぼに向かった。

 

田植え機で苗をカシャカシャ植えていく。

苗と苗の隙間を手作業で植えていく。

 

一歩踏み出すたびに、足が泥沼にズボッ。

うまく歩けなくて、「コテンッ」とはなってないけど、

歩く姿は亀より鈍い。

遠くの端っこで淡々と田植えをしている家族がかっこよかった。

 

夕方、田植えが終わり、みんなの長靴を見るとくたくたの長靴。

もう買い替えてもいいんじゃないか?ってぐらい。

 

わたしはすぐにモノを捨ててしまう。

モノが増えなくてスッキリはするけど、

永く道具を大事に使っている人から見れば、

まだまだ使えるもの。

 

長靴を洗ったことがなかったけど、

泥まみれの長靴をキレイにブラシで洗ったら、

長靴を扱う手が少しやさしくなった気がした。

 

福井へきて3年。

田舎で、ほとんど人と会わないからって、とうとうすっぴん歴3年。

自分のお手入れもしなきゃだな~。

 

スタッフ ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です