雨の朝が爽やかになる方法
大都会から小さな海辺の暮らしへ

雨の朝が爽やかになる方法

最近、部屋のリフォームが終わった。

床と天井は杉板で、真っ白な壁紙はわたしのお気に入りの部屋。

隠れていた家の梁を出して、上を見たらすぐの天井が

今は、スッキリ高い。

 

掃除をするとき、

「ルンバほしいなー。」

って思ったりするけど、

私は裸足で雑巾がけをする。

 

小学校のときの、廊下の雑巾がけ競争のような

そんな弾けた楽しさはないけれど、

つるつるの床にピタピタっと鳴る足の裏の感触がとっても心地いい。

 

朝はそんなに時間がないから、

少しダッシュで雑巾がけ。壁際を行ったり来たり。

 

息も少し上がって、窓を全開にして、

ぐーーーーーっと、ひとのび。気持ちいい!

雨の朝の空気が急に爽やかになった。

 

旦那さんが、朝全然起きなくて、

「さっさと起きてーーーー!」って

毎日イラッとしてたけど(心の中で)、

 

AM6時30分。

旦那さん、いつもと違って気分良くお目覚め。

心の中の気分は伝染する。

 

どんなに水が冷たくても、

毎朝、雑巾を絞る決意をした。

朝ごはんもいつもよりおいしいんだな~。

 

スタッフ ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です