大都会から小さな海辺の暮らしへ

ようやくつながった世海

大都会から小さな海辺の暮らしへ

海に行くと、振り返ることが多くなった。
TOKILABOの事。
仕事場を離れると、仕事の事は一瞬も考えたことはなかった。

でも、TOKILABOを日本中に広めたい!
ネットショップといえば、TOKILABO!
ってでっかい夢だけは持っていた。

そのわりに、具体的には考えていない。
受注が多ければ「わーーーーーーーーーーい!」
受注が少なければ「しょんぼり。」

ただただ目の前の売り上げに対して喜びや悲しみがこみあげて、
どうしてよかったのか、悪かったのかはなんにも考えなかった。

でも最近、目の前の売り上げにただ冷静にいる事、
分析すること、考えたことを必ず実行する事が改めて大事と感じる。

結果はもちろん大事、でも過程はもっと大事。
頭でわかっていても行動しなくては意味がない。
それはただの分かったフリだった。

いまは頭で考えるのではなく、体がスッと受け入れてくれる。
目の前の結果に一喜一憂することなく、
いち早く改善点に取り掛かれたらもっと成長するだろうな。

海は、ものごとを客観的に見させてくれる。
私をもっともクリアーにしてくれる。

なんとなく、わたしが海に行ってしまう理由が分かったような気がした。
ただ、海が好きなだけじゃない。

海と仕事。
やっぱり、つながっていたんだ。

不自由な女神 ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です