大都会から小さな海辺の暮らしへ

手間をかける時間(トキ)

大都会から小さな海辺の暮らしへ

ストーブの揺れる炎を見ながらお湯が沸くのを待つ時間がたまらない。
夜は早く寝ることがポリシーだったのに
このストーブを手に入れてから冬の夜の過ごし方が変わった。

エアコンではなく、石油ストーブ。
電気ケトルではなく、やかんでお湯を沸かす。

ストーブの炎の色、やかんからのお湯が沸く音。
とっても小さい音だけど、変化までもが聴こえる。

日々流されていく暮らしの中で、
流されないようにしてくれる時間。
便利な世の中に吸い込まれないようにしてくれる時間。

テクノロジーが急成長して、頭の中にも外にも情報がいっぱい。
スイッチひとつでなんでもできる世の中。

でも、手のかかるほうを私は自然に選んでいた。

なんともない暮らしのごく一部のことなのに
この時間だけが止まっているように感じる。

時間がないなーなんていつも言っていたけど
この時間を感じると、なんだか何でもできる気がしてならない。
教えてくれてありがとう。

不自由な女神 ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です