1:さえらるる暮らし

自由なの?不自由なの?

わたしは不自由だ!

と思ってしまう癖があります。

これ、いつのまにか!そう思ってて

我ながら「はっ!」と驚きます(汗)

photo 長女そら

小さな頃のあの自由さを思い浮かべては

いつのまにか、誰かのせいにしたり

何かのせいにしたり

理由をつけては

自分は不自由!だと思っている自分がいるのです。

 

 

様々な考え方があると思うし

私は誰かや何かに束縛されている〜!

自分は不自由だ〜っ!

と、思うことも

ありなのかもしれないけれど

私は数年前にそう思うことを

やめる〜!・・・にしました。

 

私には不自由だと思う自分を

乗りこなせるバイタリティがなかったし

 

複雑にあれこれ考える

自分に疲れたんだと思います。

 

でも時々、そんな自分が「ひょっこり」と

顔を出すことがあります。

 

そんな時は好きな映画や本を読みます。

(美味しいものも食べます♡)

 

60年前の映画「ティファニーで朝食を」

アンチヒロインという

当時ではかなりの”異端な存在”を

ヘップバーンが演じています。

 

 

この役を戦後のアメリカで演じるって・・・

苦労もかなりあったと様々な著書が語っています。

 

とにかく映画「ティファニーで朝食を」で

戦後のアメリカ(いや世界中の?)

女性の意識は一変します。

映画の威力ってすごい!と思います。

 

原作者のカポーティは

///////////////////////

 

時代の型にはまった女性達に

主人公のように

自分の生き方を探してほしい。

 

///////////////////////

というメッ セージをこの作品に込めたと言います。と同時に、カポーティは、、、

///////////////////////////

 

自由に生きるという「型」に

はまった生き方もまた

不自由な生き方」だ。

 

///////////////////////

とも言っています。

 

へっ?と一瞬思うんだけど、

この意味・・映画を観ると

胸にじ〜んと伝わってくるんです。

 

階段下で「ムーンリバー」を歌うシーン、

とても好きで何度も観てしまいます。

 

 

名作「ティファニーで朝食を」

 

きょうは夕食作りながら観るにしようかなー。

 

というわけで「我が家で夕食を」の準備に

とりかかる日曜日の夕刻・・

 

となりました。

 

自由気ままに、はじめるにしまーす。

 

 

スタッフ ゆみこ

 

 

 

/////////////////////////////////////////////////

<ご紹介アイテム>

8月10日のトキラボ デイでは、sold outでしばらくカートを閉じていましたTiffanyスカーフを「3点限定」ではありますが、30%OFFにてカートopenいたします。

 

当初から迷いつつ考えていた・・・2度目のコロナの夏に向けてできること、何かないだろうか・・・微力ではありますが、自分の為に、誰かの為に、どなたかの笑顔になってくだされば幸いです。

 

わたしも2年連続、北海道への里帰りができてませ〜ん・・(ToT)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です