大都会から小さな海辺の暮らしへ

寝る前に、ふと思うこと

 

田舎暮らしをはじめて、約4年。

季節を巡るごとに

ここにはたくさんの出合いがある。

 

真っ暗な山の中を

この時だけは足がぐんぐん前に進む。

 

 

 

しばらくすると

小さい灯りが、あちこち空に浮かぶ。

 

映画の中でしか見たことがなかった、蛍。

いっせいにおしりをチカチカさせている。

 

ゆらゆら揺れながら何も恐れずに

こっちに来る。

 

 

ふんわり手の中に。

うわあーーーーー。

 

フィクションの世界が

ノンフィクションになる瞬間。

感動して、声も出ない。

 

虫が得意ではなくて

さわれるのは蚊だけ。

叩くんだけど。

 

電気を消して

寝る前にふと思った。

 

蛍ってなんでおしりが光るんやろ?

 

携帯で何気なく調べてみたら

黒い虫がデンっ!っと出てきた。

 

手の中にいたのだと思うと

一気にブルっときた。

 

都合がよくて

ごめんなさーーい!(笑)

 

また来年も感動を

宜しくお願いします!(←懲りずに、都合良くてホントにすみません。)

 

でも、

鳥肌が治まらないのです。

 

 

 

 

スタッフ ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です