大都会から小さな海辺の暮らしへ

知らない自分に出会えるナイフ

大都会から小さな海辺の暮らしへ

キャンプ用にナイフを買った。
手作りが出来る自分だけのオリジナルナイフ。

持ち手の木を削っていく。
失敗したくないなー。って、
変なプレッシャーをかけながら
ゆっくり削っていく。

モノを作ろうとした時、
見本のようなきれいなモノを目指してしまう。
枠にピッタリはまったものが大好きで、
それだけで満足しちゃう。

失敗しないように鉛筆で下書きをしたのに
その通りに削るとしっくりこない。

削っては握って、削っては握って、を繰り返す。
自分の持つ手の感覚で削っていったナイフ。
見た目はガタガタなんだけど。
でも握る感覚はとんでもなく心地いい。

使い心地を想像するだけで、
なんだか体の奥底からワクワクする。

まだ自分に隠れている不思議なものはあるんだなーって。
なんかもっと削りたくなっちゃった。

不自由な女神 ともまい

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です