雨水タンクの基本

雨水タンクとは?

雨水タンクとは、住宅や学校、工場などの建物についている雨どいからの流れてくる雨水を貯めるタンクです。雨水貯留槽とも呼ばれていますが雨水タンクとして広がっています。

地震や異常気象などの自然災害時の断水対策、防災グッズとして今注目されています!
貯めた雨水は、トイレの流し水やガーデニングの水やり、夏の打ち水など様々な用途に使えて水道代の節約にもなります。

さらに、多くの自治体で、雨水タンク(雨水貯留槽)の補助金(助成金)制度があり気軽に雨水を利用することができます。

雨水利用について

雨水タンクのほとんどは地上に設置するタイプで雨どいの途中に集水器を取り付けて雨水をタンクに貯めます。
雨水タンクはプラスチック製のものが多く軽くて取り扱いが簡単なので人気です。

他にも丈夫で錆びにくいステンレス製のタンクやおしゃれなガーデニングアイテムとしても大人気の陶器製や木製の酒樽など種類もたくさんあります。

雨水タンクは50リットルから一番大容量の2000リットルまで大きさもさまざま。 どれにしようか迷ったときは200リットルから250リットルが大人気です。

設置場所やご自宅の雰囲気に合わせて雨水タンクを選んでみてください♪

雨水利用について

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です