雨水タンクはボウフラがわかない?

雨水タンクはボウフラがわかない?

蚊は水があるところにはどこでも産卵します。

雨水タンクはほとんど密閉型なのでタンクから直接入ってくる心配はないのですが、雨どいから流れてきたり、オーバーフロー管など少しの隙間から入ってしまうことがあります。

ボウフラをわかせないポイントとして3つご紹介します!

①水をどんどん使い続ける

蚊が卵を産み付けると2~5日間で孵化します。
そうなる前に水をどんどん使い続けることで、ボウフラがわくことを防ぐことが出来ます。

雨水タンクの仕組み

②蚊が侵入しそうな入り口を塞ぐ

蚊の入りやすい隙間やオーバーフロー管の出口を網で覆い蚊の侵入をできる限り防ぎましょう。

雨水タンクの仕組み

③銅板を入れる

雨水タンクの中に銅板を入れることで蚊が卵を産みつけたとしても銅イオンが水中で溶けることにより蚊に成長するのを防ぐことが出来ます。

◇銅板を入れる時の注意点◇

(1)銅板を使用する前に洗剤で銅板を洗います。
表面の油がついたままだと銅イオンがうまく水にとけません。

(2)銅板は水面付近に入れてください。
蚊は水面付近に卵を産み付けます。タンクの底に銅板を入れても効果はありません。

どれも簡単な方法ですのでぜひ試してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です