Aladdinと私

磨く時間

憧れのブルーフレーム。毎年冬になると

私も欲しいなぁと思うけど、実際のところは

使いこなせる自信がなくて冬が終わる。

 

そんな私がAladdinコンシェルジュになって

はや、1年が過ぎようとしている。

 

同時に、自分を奮い立たせる思いで、

念願だったブルーフレームを買った。

最初は右も左も分からず、ブルーフレームを

覗き込むと不安な気持ちばかり。

 

ストーブなんて間違って変な事しちゃったら危ないし!

機械オンチの私にできるのかな?

 

苦手意識を克服できるかも!という思いよりも

苦手な分野から逃げたい気持ちが大きくて

コンシェルジュという名前が重くのしかかる・・・

 

でも、実際に自分が使っていると

色々と手をかけたくなって。

 

ちょっと煤で汚れたら、綺麗にしたくなる。

炎が乱れたら、芯を削りたくなる。

 

灯油はまだあるかな?

 

まだ半分くらいあるのに、灯油を入れたくなる。

なにこれ、凄いストーブ。

先日、知り合いのブルーフレームを預かった。

2004年製の黒いブルーフレーム。

 

聞けば、お手入れをしたことがないらしく

よく見ると、ガラスは真っ黒で外観もホコリが目立つ。

恐る恐る中を開けるとやはり・・・

煤で真っ黒!

これは掃除のやり甲斐があるなぁ、

私に任せておいて!と

Aladdinコンシェルジュである私の心に火が付いた。

擦るたびに、真鍮のゴールドが見えてくる。

汚れひとつないピカピカ!とまではならなかったけど

芯も綺麗にして輝きを取り戻した

ブルーフレームはやっぱり美しい。

 

1年前の私だったらきっと、

預かることもしなかっただろうな。

 

目を細めながらひよっこの私を思い出す。

 

人間もまた同じ。

自分のメンテナンスも大切だなぁと。

 

仕事も育児も、家族も。

色々大変なこともあるけれど

日々に丁寧に向き合って、素敵に歳を重ねていきたいな。

 

Happy time with Aladdin!

 

 

 

Aladdinコンシェルジュ 平山

 

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です