雨水タンクの基本

雨水は簡単に貯まるの?

雨水タンクをご購入前のお客様からご質問

Q.「本当に貯まるの?」
A.「一晩ですぐ満タンになります!」
とお応えしているのですが、実際に体験してみないとなかなかご納得いただけないのも事実です。
でも実際に設置された方からは「本当にこんなにすぐに貯まるんですね!」との驚きのお声をたくさんいただいております。

すこしでもその不安が解消されるように簡単に雨水が貯まる仕組みをご説明いたします♪

集水器のしくみ

雨水を集める集水器について

雨水タンクに雨水を運ぶために雨どいに取りつけるものが集水器(取水器)です。地面にバケツを置いて雨水を貯めるのも1つの手段ですが、集水器を雨どいに設置することで効率よく雨水をタンクに貯めることが出来ます。

集水器の設置方法

STEP1 竪樋の途中をのこぎりで切ります。
STEP2 そこに集水器を取り付けます。
STEP3 集水器とタンクをホースでつなぎます。

これで出来上がり!DIYが苦手な女性の方でも30分もあれば簡単に設置が出来ます♪

雨どいを切断することに不安がある方はお近くの工務店さんなどに依頼も出来ますがほとんどの方はご自身で設置されています。雨樋を切る位置などタンクごとに説明書もありますので、安心して思い切って雨どいを切ってください♪

雨どいを切って集水器を設置したらあとはホースで雨水タンクと集水器をつなぐだけ。 雨水タンクの設置場所はまっすぐ平坦でしっかりした場所にしてください。地面が傾斜していたり砂利の上などに設置されると雨水タンクが転倒して破損の原因となりますので気を付けてください。

設置工具

集水の効果

降水量 雨の強さ
1mm しとしと雨
3~5mm 普通の雨
10mm 強い雨
20mm 豪雨

屋根の面積が1㎡で1mmの雨が1時間降ると雨どいに流れてくる雨の量は1リットルになります。
屋根の面積が10㎡で一晩(6時間)、普通の雨が降った場合は約300リットル雨どいに雨が流れ込みます。

ただし、これが全て雨水タンクの中に入るわけではありません!集水器の集水効率は約50%。

300リットル×50%=150リットル

一晩で150リットル雨水タンクに雨水が貯まる計算になります。
当店イチオシのホームダム110リットルのタンクですと一晩で満タンになるということになります。
屋根の面積がわからない場合は床の面積を当てはめていただいてもかまいません。
※たたみ2畳分は約3㎡です。

ホームダム110リットル

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です