水耕栽培のメリット

水耕栽培のメリットって?

水耕栽培とは、土を使わず【水と液体肥料】で植物を育てる方法です。 土耕栽培に比べるとあまり知られていませんが、この方法で育てるとたくさんのメリットがあります。

1.生育が早い
2.無農薬栽培ができる
3.土づくりが不要
4.野菜の質が安定する
5.水やりの回数を軽減
6.室内栽培ができる
7.小さなスペースでも栽培ができる

水耕栽培のメリット

メリットその1.生育が早い

土耕栽培のように土が根っこの成長を妨げることがないので、のびのびと自由に根を伸ばすことができ土耕栽培の2倍近い早さで成長します。これは、よく言われる水耕栽培の大きなメリットです。 また、根を水に浸し続けているので、栄養素の吸収効率が良くなります。
※エアポンプなどを使わず、根に届く栄養や酸素が不足している場合は生育も悪くなる事もあります。

水耕栽培のメリット

メリットその2.無農薬栽培ができる

水耕栽培では、土を使わないので土壌からくる病気になることはなく、農薬を使わなくても元気に生長するので、無農薬で安心安全な野菜が作れます。

水耕栽培のメリット

メリットその3.土づくりが不要

畑の栽培では、野菜の品種によって土づくり(主にリン、窒素、カリウム)を堆肥や肥料を組み合わせて作らないといけませんが、水耕栽培は水に液体肥料を混ぜた養液を作るだけなので難しい作業はありません。 太陽の光をたくさん浴びて、液体肥料をあげるだけでスクスク大きくなってくれます。

水耕栽培のメリット

メリットその4.野菜の質が安定する

土耕栽培では、土づくりの良し悪しや害虫などによって作物のできに差が生まれることもありますが、水耕栽培は土を使わないので害虫や細菌なども付きにくく、ある程度味や大きさなどの質を安定させて野菜を作ることができます。

水耕栽培のメリット

メリットその5.水やりの回数を軽減

土耕栽培の「水やり」は水耕栽培では養液の追加のことをいいます。 栽培容器に養液がなくなってきたら追加すればいいだけなので、夏場など実もの野菜の最盛期になると給水の回数は増えますが、それでも土耕栽培よりはるかに手間なく育てることができます。

水耕栽培のメリット

メリットその6.室内栽培ができる

土を使わないため汚れることがないので、室内でも栽培ができます。太陽の光がたくさん当たる場所にキットを設置してあげれば、後はスクスク育ってくれますし、LED照明付きのキットなら室内のどこに置いても栽培ができます。

水耕栽培のメリット

観葉植物代わりに、水耕栽培のグリーンでお部屋に癒しを与え、収穫後は美味しく食べられるので1台で2役こなしてくれる優れものです!また、室内で栽培するので、鳥や動物による被害の心配もないのも嬉しいですね。

メリットその7.小さなスペースでも栽培ができる

土耕栽培は畑がある程度広い場合が多いので、作業範囲がかなり多くなってしまいます。 それに比べて水耕栽培では小さなスペースで大きな菜園を作ることもできます。空いているスペースをフルに活用して、いろいろな作物を栽培できます。

水耕栽培のメリット

最後に

水耕栽培は、知れば知るほどメリットも多く、とても便利な栽培方法です。面倒な土づくりもいらず、土を使わないから土壌改良に農薬を使う必要もなく「生産地:わが家」の安心安全で美味しい野菜が食べられます。 家で野菜を作りたいけどそのスペースがない、という悩みも一気に解決してくれます。
不精な私も水耕栽培でサンチュを育てていますが、今のところ給水以外手をかけなくても大きくなってくれているので、とても助かっています!私のようなマメにお世話ができるか心配という方にぜひ、水耕栽培はおすすめしたい栽培方法です。

皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!