土耕栽培との違い

水耕栽培と土耕栽培は何が違うの?

水耕栽培とは、土を使わず水と液体肥料で植物を育てる方法です。これに対し土耕栽培とは、昔から行われてきた、畑を耕し土を利用して植物を育てる方法です。

水耕栽培と土耕栽培では、土を利用するかどうかという点が大きく違いますが、太陽の光と酸素が必要という点は同じです。どんな生き物でも光、酸素、水は欠かせません。

水耕栽培について

成長速度も違う

水耕栽培では、土耕栽培のように土が根の成長を妨げることなく、水の中でのびのびと自由に根を伸ばせるため、成長速度も早まります。一般的に、土耕栽培の2倍ほどの速さで成長すると言われています。

水耕栽培について

農薬使用の有無

作物の病気の大部分は、土を媒介としてやってきます。土を使用しない水耕栽培は病気になりにくく、連作障害もないため(※)、農薬を使用することなく、無農薬で美味しい野菜が栽培できます。
※装置の環境によっては根の病気が出る可能性もあります 。

水耕栽培について

最後に

マンションなどの賃貸で、自宅に庭がないけど家庭菜園がしたい!という時はプランター栽培も良いですが、土からの病気になりにくく土の処分などの手間がかからない水耕栽培もおすすめです。

皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!