雨水タンクの基本

雨水タンクの中に藻がはえない?

雨水タンクのほとんどは光を通さない素材で出来ているので藻(コケ)の発生はほとんどありません。
※ただしタマローリータンクだけは光を通してしまいます。

藻が生える原因はタンク内の水質悪化や水があるところに光が当たる事です。

雨水自体はきれいでも雨どいからの有機物が原因でタンクの中の水を長期間ほったらかしにしてしまうと藻の発生につながります。また藻は弱い光でも長時間当たっているとすくすく成長してしまいます。

でも弊社が販売している雨水タンクはほとんど光を通さないので心配はいりません♪

雨水タンクの仕組み

もしも藻が生えたら…

雨水タンクの中の水をすべて抜いてタンクの中をキレイにします。
藻は洗剤など使わなくても水で簡単に落ちます。高圧洗浄機があると水圧で一気に藻が落とせるので楽チンです♪

また木製のタンクの場合もマジックロンなどのブラシでこすれば簡単に水で落ちます。
ウイスキー樽再利用の雨水タンクの場合は木を痛めてしまう場合があるので注意が必要です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です