【雨豆知識】

災害と人と水

巨大地震や洪水、渇水、大火災、竜巻きなど。
いつ何が起こるかわからなくて、しかも避けて通ることができない災害もかなりあります。

記憶に新しい東北大震災では、連日メディアが 「水、食料、燃料が不足しております」とアナウンスしていました。

被災地に送るため、日本各地のスーパーやコンビニの棚からペットボトルの水が一時的になくなる現象も起きて。

でもちょっと待って!
もちろん生命を維持する水は大切ですが それ以外にも大切な水があることも知って欲しい。

火災を消すための消火用水、 体を清潔に保つための入浴用水、 食器や衣服などいろんなモノを洗うための洗浄用水、 その他いろいろ。

いわゆる生活用水も切実な問題なんですね。
特にトイレの流し水は、あまり表に出て来ないけれど大問題。 阪神淡路大震災の時には不衛生極まりない状態の避難所もかなりあり、 相当深刻な問題になっていたそうです。

もし、家庭で雨水をタンクに貯めていたら…?
消火用水やトイレの流し水に関してはしばらく頼りにできる。 キレイに貯めて、さらにフィルターや殺菌装置を付けてたら、 顔を洗ったり入浴に使うこともできる。 もちろん洗い水にも使える。 普段から災害時の備えをしておくことが大事。 雨水タンクもその一つですよ!

雨豆知識
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!