宿主特異性について

宿主特異性とは?

宿主特異性とは、奇主特異性ともいい、寄生生活を行う生物などが特定の生物のみを宿主とする性質のことです。

例えば、ウリ類炭そ病菌は、ウリ科植物には激しく病害を引き起こし影響を与えますが、アブラナ科植物であるシロイヌナズナには全く影響を与えません。これはウリ類炭そ病菌がキュウリなどウリ科の植物にのみ病菌を感染させる宿主特異性があるためです。

聞きなれない言葉なのでちょっと難しいかもしれませんが、水耕栽培(土耕栽培)に関していうと、虫はそれぞれ決まったものしか食べないというのも宿主特異性の一種です。

ちなみに、アブラムシの仲間は宿主特異性が高いらしく、植物の名前でどのアブラムシが寄生しているかが予測できるそうです。

宿主特異性について

植物は深い

宿主特異性に関しては、植物学や生物学の専門性の高い用語のようで、調べても難しい論文にしか行き当らず、分かりやすく解説するのがとても難しいというのが正直なところです。
水耕栽培について学ぼうとするとこんなに難しいことまで出てくるんですね!

水耕栽培について何でも分かるようになるには程遠いようですが、一つひとつ勉強しながら知識を付けていきたいと思います。

宿主特異性について
皆に知らせたいと思ったらシェア
をよろしくお願いします!