5:Aladdin Aladdinと私 アラジンストーブの楽しみ方

やかんの湯気と体の声

慌ただしかった12月もあと数日

予定がひとつ終わる毎にほっこりする。

 

前もって予定を入れるのが苦手な私は、

師走という時期に

カレンダーがどんどん埋まっていくのを見ると、

体がずどーんと重くなるのを感じてしまう。

 

気づけば、

慌ただしく日常が過ぎていく毎日に、

 

どうにか自分自身にブレーキをかけるけど、

このまま新年まで突っ走りそうな勢いだ。

 

先日、出先の床の間の掛け軸にふと目を向けると

「閑座聴松風」とあった。

 

松風というのは、

鉄瓶からシュンシュンと立つ湯気の音で

「ただ心しずかに座り松風の音を聴く」

という意味だそう。

そういえば最近、

ブルーフレームの上でやかんが音を立てているのに

全く聴こえてなかったな。

 

そう思った瞬間に体がふわっと軽くなり

やかんから湯気立つ音も心地よく感じる。

柔らかくほぐれていく体に、

しゅんしゅんの音が肌に

すーっと沁みわたっていく。

 

 

何もないような

たくさんあるような

 

気が焦るけど

 

なにはともあれ

まずは大掃除!

 

 

アラジンコンシェルジュ 平山

 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です